ボンガイチニョを目指す生活

いつでもノーテンキ。 390DUKEに乗って闊歩。

大阪モーターサイクルショー行くなら金曜日が一番!

こんにちは。
ボンです。

 

 

3/15(金)、大阪モーターサイクルショーに行ってきました。
モーターサイクルショーは去年初めて行って、今回は2回目です。

 

大阪モタサイは例年インテックス大阪で金土日の三日間開催されているモーターサイクルのショー(アバウトな説明)です。

 

去年は日曜に行ったのですが、激混み。
混雑のあまりブースに近づくだけでストレスがかかる。

 

そんな去年の苦しみを繰り返しまいと、今年は金曜に参戦。


やっぱりモタサイ行くなら金曜やで(関西人並感)


ストレスなく楽しめるし、じっくり見てまわれるのは大きい。


インテックスの臨時駐車場にたどり着くまでの渋滞は結構やばかったのですが、それはもっと早く家を出れば解決しそうです(猛省)。ちなみに家から1時間くらいの距離で、Google大先生の到着予定時刻から20分くらい遅れました。

 

そんなこんなで入場。

 

 

まずはTANAXブース。

f:id:bongaitinyo:20190319015145j:image
買っちった。


タナ友ちゃんTシャツのホワイトSサイズです。
タナ友ちゃんかわいいし、KTMアドベンチャーだし、オレンジのシートバッグ僕のといっしょだし、買わないわけにはいかない(強い信念)。


このTシャツはモタサイ限定販売らしいです。
レアもの大好きっ子には嬉しい情報。


あとタナキャン(TANAX製品を使ってキャンプツーリングをすること?)のステッカーをもらいました。

 


あとはヤマハのブースにいったり、

f:id:bongaitinyo:20190319014857j:image


DucatiのブースでパニガーレV4Rをみたり、

f:id:bongaitinyo:20190319014921j:image


スズキのブースで刀をみたり(新型は人混み多すぎるしあまり興味ないのでパス)、

f:id:bongaitinyo:20190319014938j:image

(チョークがオシャレ)


カワサキのH2をみたり、

f:id:bongaitinyo:20190319015002j:image


レプソルカラーかっこいいってなったり、

f:id:bongaitinyo:20190319015021j:image


MFJ全日本ロードレースのトップライダー達をみたり(肖像権のいろいろあるかもしれないので写真はなしで)、大声出して音をかき消すナリしました。

中須賀選手は今年もMotoGPワイルドカード参戦してくれたらうれしい。

 


モタサイはやっぱ楽しいですね。
いろいろみて回って、「これ以上思い残すことはない…」という気持ちになったので帰ります。

 

そんなとき、アクシデントがおきました。
一緒に来ていた友人のバイクのエンジンがつかないのです。


この友人、先日車にぶつけられて自分のバイクを修理に出すことになったので、その代車としてスズキの(骨董品の)バイクをレンタルしていました。


この代車、「ちゃんと整備してんのか?」と言いたくなるレベルのひどさで、チェーンは錆びてるし、スプロケット真っ黒で汚れやばいし、エンジンはなんか白くなってるし(オイルも滲み出てる気がした)、というような感じ。

 

友人はその代車でモタサイに来ていたのですが、どうもバッテリーが上がってしまったようです。

 

セルスターターは当然のように無反応だし、キックでも動く気配ナッシング。マジで何しても動かないバイク初めて見た。

 

ブースターケーブル(バイクでもあるのかな?)も持ってないしどうしようもないので、業者に連絡して取りに来てもらうことになりました。

 

待つこと1時間。業者が到着。
彼は代車の代車としてスカイウェイブを手に入れて帰りました。

 

まあ事故じゃないしセーフ!!

 

この友人と3月最終週に九州ツー行く予定で、フェリーも予約しているのですが、バイク帰ってこないとナンバーの変更なり死ぬほどめんどくさいので早く修理してほしいところです。

 

九州ツーたのしみ!(脈絡なし)

 

では。

白崎海岸他ツーリングに行きました。

こんにちは。

ボンです。

 

2月も終わりましたが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

まだ気温が低く山に走りに行くのはむずかしそうですね。

ツーリングといえば山道なので(個人的な意見)、バイク乗り的にはやっぱりまだまだオフシーズンと言えるでしょう。

今年の龍神スカイラインの解禁日が3/25だったり、四国の山間の一部道路の解禁日が4月初めだったり、そのあたりからオンシーズンなのかな?

3月末から4月初めにかけてロングツーリングを計画中ですので、めちゃめちゃたのしみにしてます。

 

 

それはさておき、本格的な山道は走れなくてもツーリングはしたくなるのが乙女(バイク乗り男性23歳)心。

かといって大阪南部の自宅から山道を使わず北方に出て行こうとすると、都会部分を走らざるをえません。

街中走って何が楽しいんだよ!(過激派)が信条なので、街中は避けたい。

そんなとき神の啓示が降りました。

「山がダメなら海に行けばいいじゃない」と。

そうです。山がダメなら海に行けばいいのです。

何を迷うことがあったのでしょうか。

そんなわけで、n回目の和歌山ツーリングスタートです。

 

 

9時、お金をおろし給油して和歌山に向けて出発です。イクゾー!デンデンデデデデン(カーン)

 

前回の紀伊半島ほぼ一周ツーのときにも通りましたが、国道424号(それなりに酷道)を使います。

やっぱある程度の山道要素がないと頭おかしくなっちゃいますからね。

微妙に交通量多くて怖いですが、気をつけて走れば全然大丈夫。

 

スイスイ走って明恵ふるさと館という道の駅で休憩。

ここは焼きたてパンが有名(らしい)のですが、そんなことは無視してサンマ寿司を食べます。

f:id:bongaitinyo:20190228174101j:image

なぜかこの日は最高気温低く、めちゃめちゃ寒い。そして当然サンマ寿司も冷たい。はっきりいって地獄でした。良い子のみんなは寒い日には温かいものを食べようね(箴言)。

サンマ寿司自体は酢がきいてておいしかったです。

 

寒すぎて止まらないオルガと化したので、どんどん進みます。

次に来たのは白崎海岸!

f:id:bongaitinyo:20190228174716j:image

f:id:bongaitinyo:20190228174737j:image

海が青い。美しい。海はよい。

風は強く波は高い。これが大自然の厳しさ…ですかね(喜悦)。

マジで波が高くて普通に道路まで海水が打ち上げていました。バイクが錆びる…。

2枚目奥には道の駅白崎海洋公園があるのですが、台風でぶっ壊れたらしく封鎖していました。

Googleマポー大先生が教えてくれていたので僕は既知でしたが、BMW乗りの方が1人閉鎖された入り口で辛そうにしていましたね。それもまた醍醐味ですよ(上から目線)。

 

f:id:bongaitinyo:20190228175330j:image

故障したトイレの横でDUKEくんをパシャり。

やっぱ最高のバイクだなって(感慨)。

 

 

白崎海岸あたりはいい感じのワインディングもあるし、海は綺麗だし、いいことだらけでした。

 

時間もまだまだあるので南下しましょう。

f:id:bongaitinyo:20190228200752j:imageまた来ちゃった♡

 

前回の紀伊半島ほぼ一周ツーでも来たAIRの聖地煙樹ヶ浜です。

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 (記事はこちら)

今回は晴れて海も青い。「あの海〜どこまでも〜青かった〜」と青空を思い出して涙が出ますよ、神。

 

煙樹ヶ浜から上の写真奥の山っぽいところに向かって進みます。

入り組んだ山道を進むと日ノ岬にでます。

f:id:bongaitinyo:20190228201121j:image
f:id:bongaitinyo:20190228201117j:image

海がでかい!世界はでかい!

日ノ岬は紀伊半島最西端(地味)なので、端っこずきライダーとしてはいっておきたいスポット。

雄大な海を臨むこの場所では心が癒される……のかと思いきや全然そんなことはありませんでした。

風があまりにも強い。

まっすぐ立っていることが困難なレベルです。

ケータイもしっかり握っておかないと危ないレベル。

気候条件がいいと最高でしょうねここ。

 

 この日ノ岬灯台の近くに若山牧水の歌碑がありました。

f:id:bongaitinyo:20190228230018j:image

若山牧水といえば「リトルバスターズ!」。

文学少女西園美魚さんの好きな「白鳥」の歌を詠んだのが若山牧水です(残念ながらこの歌碑は、「白鳥」の歌ではないですが)。

鍵っ子(死語)にうれしいものがたくさんある。それがKey(紀伊)半島です(超絶技巧激ウマギャグ)。

 

 

ここからは帰り道のいい感じの写真で適当にしめたいと思います。

f:id:bongaitinyo:20190228230036j:image

白崎海岸へ至る県道24号の小引トンネルを迂回する道路から海を臨む。

 

f:id:bongaitinyo:20190228230053j:image

f:id:bongaitinyo:20190228230117j:image

国道424号にある死ぬほど美しいヘヤピンカーブ。この高低差、曲率、舗装。美しい。

 

f:id:bongaitinyo:20190228230138j:image

高低差とDUKEくん。

 

ソロツーリングで時間に余裕があると、近場でもいろんな発見があって楽しかったです。

みなさんも紀伊半島きてね!

 

では。

 

 

 

 

 

紀伊半島ほぼ一周ツーリング!

こんにちは。

ボンです。

 

今年初のツーリングに選ばれたのは、紀伊半島でした。

渋滞と積雪・路面凍結を避けるためになるべくあたたかい方面ということで、紀伊半島の沿岸部をグルッとまわるルートで行ってきました。

 

 

そんなわけで本州最南端潮岬にイクゾ!(デッデッデデデデッカーン)

 

1日目

 

まずは奈良のローソンで友人と合流・休憩。

三重方面に向かって突き進みます。

 

途中ハスクバーナのオフ車が大量においてあるところがあったんですが、オフロードコースのウッズしもいちの近くだからなんですかね?

 

 

それはさておき、三重方面に進んで行くと見知った国道166号にでました。

高見のループ橋はいつ走っても爽快ですね!

結構標高が高いので、空に向かって射出されるみたいでキモティ!(スピード出しすぎたらマジで射出されるかも)

 

 

そのまま山間部を走って休憩場所の道の駅紀伊長島マンボウへ到着。

f:id:bongaitinyo:20190124173903j:image

このネーミング...。

マンボためごろうにオカリナ曲でも教えてもらえるのかな?

f:id:bongaitinyo:20190122104034j:image

(ゼルダの伝説夢を見る島。画像は拾い物)

友人にふざけて「マンボウ食べられるんじゃね?」と言っていると本当に売っていました。

当然マンボウは……(食べて)ないです。

なんかうまいらしいっすよ?(他人事)

今回は節約のためマンボウは断念です。そこまで食べたいと思ったわけでもないので、つぎ来て食べるかは微妙っすね…。

 

マンボウの代わりに500円くらいのオムそばを食べました。

マンボウも三重もなにも関係ない食べ物ですが、思ってたよりうまい&ボリュームがあるって感じで満足。

 

メシを食べたら紀伊長島を発つ。

そのまま国道42号線を南下していきます。

海沿いに出てくると、水平線が見える気持ちのイイ道になります。

なんか千葉フォルニアもどき(ということはカリフォルニアもどきもどき?)みたいな場所もありましたが、別にカッコイイ写真をとるのに興味ないのでスルー。

 

そのまま紀伊半島右側を海岸線沿いに南下して那智勝浦へ。

那智勝浦は高校時分部活動の試合で毎年言っていたので思ひ出がぽろぽろ。

 

国道42号から外れて那智の滝に向かって山道をのぼります。

九十九折れのいい感じの道ですが、乗用車、歩行者、バスなど流れはよくないし、でっかいバスがセンターライン割り気味に曲がっていたりするので気を付けましょう。

 

那智の滝付近の駐車場は大体有料で、バイクは200-250円程度かかります。

駐車場は山道の途中にあるので、傾斜がきついところもあるので気をつけましょう(なお、筆者は急傾斜のところに停めて、出すのにめちゃめちゃ苦労した模様)。

 

階段を降りて滝に行きます。

f:id:bongaitinyo:20190124172657j:image

瀧くん…(みつはちゃん並感)

マイナスイオンって感じ(適当)でよかったです。THE 日本の滝。

まあ何度もみたことあるので特に感動も何もなかったんですけどね。

 

はからずも初詣になったので、おみくじをひきます。

中吉でした。

中身を要約すると「努力すればそれ相応の良いことがおきるよ」みたいな感じ?

言われなくてもわかってるという気もしないでもないですが、啓示をくれた神にマジ感謝。リスペク!(ヒップホッパー)

隣でゲーム脳(死語)の友人が「SSR(大吉)が出るまで課金しろよ!」と言っていましたがスルー。

 

暗くなるまでにキャンプ場につきたかったので、さっさと出発します。

駐車場から出るとき坂道Uターンしないといけなかったのですが、ステップがスネに刺さったりシートの端に股をぶつけたりして負傷したのですがそれはここだけの秘密。

 

適当に走って潮岬のキャンプ場に到着。

風が強くてテントが飛びそうになりながらも設営。

f:id:bongaitinyo:20190124174019j:image

(友人と僕全く同じテント使っててキモい…)

 

設営して移動していると、海に沈む巨大な夕日が!

めちゃめちゃキレイでした。これだからツーリングはやめられない。

写真?撮ってません(無能)。

撮ろうとしたら沈んだので仕方ないね(諦観)。

 

設営終わったし風呂。

f:id:bongaitinyo:20190124194436j:image

潮岬のキャンプ場-サンゴの湯のコンボは去年の2月にも行きました。

サンゴの湯は普通の銭湯です。この日は団体客みたいな一行がいて混んでました。

 

キャンプ場に戻ってキャンプ飯。

f:id:bongaitinyo:20190124194700j:image

ギョウザキムチ鍋。うますぎ。

 

大阪府民ぐらいしかわからないであろう「せみ餃子」をぶち込みました。

ギョウザを鍋にいれるのは堺市の風習でもあるようです(関テレの番組でみたような希ガス)。

ということは、ゆるキャン△第3話で餃子坦々鍋を作っていたなでしこちゃんは山梨に引っ越す前は堺市に住んでいた?(名推理)

 

それはともかくキムチ味のギョウザでプシュるアサヒ!スゥゥパァァアアドゥアアアアアアイ!!はうまい。最高。これでこそキャンプ。

 

ビールとウィスキーを飲んでいい感じになったので寝ます。おやすみ。

 

2日目

 

7:00起床。

日の出?なんのことかわかりませんねえ…。

 

f:id:bongaitinyo:20190124195850j:image

朝食は2割引のパンと3割引のパン、合計5割引(文系脳)のパンです。

カッチカチでしたがキャンプで食べればうまい。

 

朝食を食べ終えたら本州最南端の碑に別れを告げます。

f:id:bongaitinyo:20190124200008j:image

f:id:bongaitinyo:20190124200125j:image

ていうか、カッパのせいで短足チンチクリンに見える。これだからモンベルは…(八つ当たり)。

 

国道42号(紀伊半島左側)を海沿いに道の駅に寄りつつ北上していきます。

断続的に雨に降られましたが、ここまで海沿いだと雨も塩っぽい。

フロントフォークが錆びちゃう…。

この友人とツーリングに行っていい天気だった時の方が少ない。思い出はいつの日も雨(サザン並感)。

 

そんなこんなでやってきましたよ…。待望のあの場所に…。

 

f:id:bongaitinyo:20190124200640j:image

あの海〜どこまでも〜青かった〜(Liaボイス)

 

鍵っ子(死語)の皆さんならもうおわかりですね。

AIRの聖地、御坊市美浜町、煙樹ヶ浜です。

観鈴ちゃんがおがおって感じにテンションが上がります。

 

f:id:bongaitinyo:20190124200948j:image

f:id:bongaitinyo:20190124201006j:image

消える飛行機雲〜僕たちは見送った〜

 

季節ハズレだし晴れてもいませんが、マジで「AIRで見たことある」って実感できるような景色で感動しました。

 

f:id:bongaitinyo:20190124201142j:image

f:id:bongaitinyo:20190124201156j:image

「ママー!!」

 

ホンモノの鍵っ子なら晴子さんの愛車Ducatiモンスターに乗るんですかね…。

 

去り際に海を眺めながら「青空」を聴きます。

エモい。エモすぎる。マジで来てよかった。

 

その後は王将で昼食をとって、道の駅明恵ふるさと館(あきえじゃなくてみょうえ!)まで北上します。

 

この道の駅で休憩したのち、国道424号の酷道区間にアタックします。

ススキで若干有名な生石高原のすぐ近くの国道なのですが、有田川から海南に抜ける峠区間が急傾斜で、路面状況が悪く、狭路と3ケタ国道400番代らしい道路となっています。

でも意外と交通量が多く(狭路区間で対向はなかったですが)、一応国道指定される程度には利用されていそうですね。

結構楽しかったのでまた来たいですね。

 

和歌山、三重、奈良方面に行くときは毎度使っている国道480号にもどってきて紀伊半島ほぼ一周完了!

f:id:bongaitinyo:20190124202241j:image

あぁ〜!くしがきの里ォ〜!!(道の駅くしがきの里)

祝福するかのようにくしがきの里では鬼束ちひろの月光が流れていました(なぜ?)

 

ここから家へ帰ってツーリング終わり!

今回の走行距離などはこちら。

f:id:bongaitinyo:20190124202552j:image

 

楽しかったです!

みなさんもぜひ紀伊半島にきてくださいね!

 

では。

 

 

 

川湯野営場木魂の里でキャンプ!

こんにちは。

ボンです。

 

 

「キャンプのオンシーズンは冬」の信念をもっているので和歌山県にキャンプに行ってきました。

 

正月に徳島にキャンプにいった(下の記事)のですが、実はそのときに一緒に行くはずだった友人が当日熱を出していけなかったんです。

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

だから今回のキャンプはその友人のリベンジキャンプです。

そのためDUKEくんの今年初ツーリングはまた持ち越し。ざんねん。

 

 

和歌山県某所で待ち合わせし、川湯野営場へいざ鎌倉。

 

高速で和歌山を南下し、国道311号に入ります。

紀伊半島の山間部は魔境。酷道険道、名もなきやばい道路と整備の行き届いていない区間がたくさんあります。

しかし、国道311号は高規格道路で快走。

この日は晴れまくりだったのでとても快適に進むことができました。

ふわふわ時間を聴きながら走る紀伊半島は最高。

 

音楽聴きながらツーリングしたくなったのでインカムを買おうかなと心動かされていたり心動かされなかったりしていると、いつのまにか野営場のかなり近くまで来ました。

 

カーナビが指す方の道に入ると、ごく短い区間でしたが離合が難しそうな一車線幅の道路に入ってしまいました。

f:id:bongaitinyo:20190115204253j:image

(徐行でもスピード感があるレベルのせまさ!)

当然のようにガードレールなしの区間あり、道の真ん中にコケ、みたいな紀伊半島らしい道路でした。このアドベンチャー感、たまんない。

しかし前方をはしるプリウスを追っかけてるとアドベンチャー区間は終了。

もうちょっと長くてもよかったかなー。

 

そうこうしていると川湯野営場に到着!

f:id:bongaitinyo:20190115204322j:image

(かなり古い案内板ですが、地形がそんなに変わってるわけでもないし問題ナッシング)

 

まずテントを設営します。

f:id:bongaitinyo:20190115204726j:image

カービィ with 友人のテント。

 

今回もマイテント(キャプテンスタッグの6000円くらいのツーリングテント)は使用せず。

友人のテントとタープで夜を越します。

 

僕はタープとかいう高級な布を持っていないのでいまいち利用方法がわかりません(ツーリング時には嵩張るし)。

友人は友人でゆるキャン△に影響されてAmazonでポチっただけなので僕同様利用方法を知りません。

なので適当に組み立てて終わり。

タープってこんな感じでいいのかな?

一晩崩れなかったしまあええわ。

 

さておき、この川湯野営場ですが山と山の間の谷の部分にあるのでいい感じです。

f:id:bongaitinyo:20190115205803j:image

f:id:bongaitinyo:20190115205822j:image

川の近くでいい感じ。

道路もそんなに交通量が多くないので静かに過ごせます。

田舎に来たなって気分になれてよい。

 

すこし暗くなって来たので焚き火アンドご飯。

 

薪は600円で買えるのですが、夜にちょっと焚き火するくらいには明らかに分量が多い。

買おうか買わまいか悩んでいると管理人さんが「半分にしましょうか」と半分だけ売ってくださいました。値段ももちろん半額の300円。

なんて優しい管理人さん…。

すばらしいキャンプ場だ…。

 

というわけで焚き火をします。

 

ゆるキャン△では松ぼっくりで種火をつくっていましたが、都合よくそんなものが落ちているはずはありません。

防砂林・防風林が必要ある地域じゃないですからね。

 

どんぐりと枯れ木枯れ葉(湿ってる)しかないので、薪を削って着火させました。

 

湿っている木で焚き火をすると爆ぜるらしいので(ゆるキャン△の受け売り)、気をつけましょう。

爆発オチなんてサイテー!なので。

 

f:id:bongaitinyo:20190115210757j:image

焚き火のあたたかさは人類を救う。

ありがとうプロメテウス。

 

優しいあたたかさを感じなからキリンラガービールをプシュる。

くぅーーーー!(イツキ)

クッソ寒いですがうまい!

ビールはどんな気候でも沁みる…。

 

友人がAmazonでなぜか二つ焚き火台を購入していたので二台体制であったまります。

f:id:bongaitinyo:20190116165137j:image

小さい方の焚き火台で焼き鳥を温めつつ、こちらではマシュマロを焼きます。

 

マシュマロを焼いたらやることはひとつ。

ゆるキャン△でなでしこがやっていたように、ビスケットで挟んでスモアにします。

f:id:bongaitinyo:20190117163723j:image

はじめてやってみたのですが、思っていた以上においしい。

 

後ろにある鍋はリゾットです。

コンソメを持ってくるのを忘れていたのですが、あたたかいうちは気にならず、とてもうまかった!

ただ冷めてくると牛乳でゆるゆるに炊いた米みたいな味がしてました...。

てか、この見た目どう見ても吐しゃ物です本当にありがとうごました。

 

メシを食べおわると、完全に日が落ちてあたりはかなり暗くなっていました。

空を見上げるときれいな星空。個人的に経験したなかでは和歌山県の星空が一番よい。

あれがデネブアルタイルベガ....と聞こえてきますが(幻聴)、いまは冬で天頂付近にないので、山がちな川湯野営場からはすべて指さすことはできません。

 

焚き火を処理しましたが、さむすぎる。

「こんなに寒いなら川も凍ってるやろ」という安直な思考で川に足を突っ込んでみると、普通にボチャッといってしまいました。キレそう。

 

そんなこんなしつつ就寝。

今回は、友人が二つ寝袋を持ってきたので、そのうちしょぼい方を貸してもらって自分の寝袋の上からかけて寝ることにしました。

途中暑すぎて服を脱ぐはめになりましたが、凍え死ぬよりはいいでしょう。

 

 

7:00起床。

すでにあたりは薄明るくなっていました。

地面の土が凍っていて、踏むとサクサクする感じがきもちいい。

 

コーヒーを飲んだり撤収作業をしたりしていると、完全に日が昇り美しい朝に。

こんなにさわやかな朝はキャンプしないと体験できないくらい。

f:id:bongaitinyo:20190117163755j:image

f:id:bongaitinyo:20190117163846j:image

朝もやが晴れて、ぼやけていた稜線と青空の境界が見えてきました。

青と緑のコントラスト。クリアな色彩。美しい。

 

撤収作業も終わったので帰路につきます。

昨日は風呂に入っていないので温泉へGO!

川湯温泉.....ではなく、わたらせ温泉大露天風呂に行きます。

f:id:bongaitinyo:20190117163905j:image

朝から晩まで入ることのできる露天の温泉で。非常にいい湯でした。

マジDOPE。

f:id:bongaitinyo:20190117163928j:image

近くにある橋もいい感じ。

 

お風呂に入ったあとは、国道311号朝来街道沿いを進んでいきます。

ちょうどお昼時くらいにみつけた「ねむの木食堂」でメシ。

 

この食堂は清姫の墓の近くにあります。この清姫の墓、熊野詣をする人には有名なようですが、観光スポットとは言えないくらいの規模です。

でも、こういう山深い場所にひっそりとたたずむ感じがいいんですよね。

 

閑話休題

ねむの木食堂では、からあげ定食を食べました。

f:id:bongaitinyo:20190117163945j:image

鶏肉が柔らかくジューシー、皮はパリッとしていてかなりうまい!

今までたべた唐揚げのなかでもトップクラスですねこれは。

ねむの木食堂はもともと清姫茶屋なる茶屋だったらしく、その感じがかなり色濃く残っています。

 

そんなこんなで帰宅(唐突)。

 

 

道中やキャンプ場でバイクをたくさん見たので、ツーリング行きたい欲が募りました。

いまは3の月終り頃に九州へロンツーに行く計画をたてていますが、その前に小さいツーリングにもいっときたいですね。

この時期は峠を走れないのが残念なんですよねー。

 

それはともかく、いいキャンプでした!

キャンプはいいゾ。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年越しキャンプ in まぜのおかオートキャンプ場(徳島県)

あけましておめでとうございます。

ボンです。

 

新年を迎えるにあたってみなさん思い思いの過ごし方をされたと思います。

年越しツーリング、家でテレビ、仕事などなど…。

 

そんななか僕は2018-2019の年越しをキャンプで迎えようと、12月中旬に決意し、ついに実行を移すときが来たのです。

 

というわけで、徳島県のまぜのおかオートキャンプ場で年越しキャンプしてきました!

 

今日はDUKEくんはお休みで(特に不調とかそういうわけではなく、友人がバイクに乗らないし高速代が高いのでおやすみ)、友人の車で出陣しました。

神戸で友人に拾ってもらっていざ鎌倉。

 

日本一のクソデカ橋と名高い明石海峡大橋、淡路島、鳴門大橋をぶっ飛ばして((制限速度遵守)、四国に上陸。

 

四国意外と神戸から近いんですね。

高校時分までは、部活の遠征でよく行っていたのですが、そのときの印象に比べるとずいぶん近く感じました。

人間として大きくなったから、距離が縮んだようなきがするんですかね…(有頂天)。

こんなに近いなら今年は四国一周ツーリングもアリですね。

 

徳島に上陸したときにはすでにお昼どきを過ぎていたので、めしどころを探します。

全く何を食べようか決めていなかったし、ご当地モノを探し回るのも大変なので、てきとうに食べログで検索。

すると、「スパイスれすとらん cardamom」なるカレー屋の評価が妙に高かったので、この店に決定。

 

12:50くらいに入店したのですが、駐車スペースも席もそこそこ埋まっていました。

さすが人気店。

 

f:id:bongaitinyo:20190101144041j:image

メニューはこんな感じ。

辛いカレーを食べたい気分だったので、カシミールカリ(ー?)のライス大を注文しました。

 

f:id:bongaitinyo:20190101144157j:image

こういうスープっぽいルーとライスが分断されているタイプのカレーは、ルーをカレーにかけるのかカレーをルーにかけるのかという難題を突きつけてきますよね。

今回は、サラサラとしたカレースープにターメリックライス(たぶん)をぶち込んで食すことにします。

 

カレーの感想。

スパイスのいい香りが立っていてうまい!

ザ・スパイスって感じで(意味不明)、結構辛い。辛いのが非常に苦手という人はやめておいたほうがいいかも…。

スープっぽいルーは見た目の印象通りサッパリしていて、しつこい感じはしない。

ちょっと酸味がつよい気がしましたが、これはこれでアリ。酸味が少ない方がすきですが。

中に入ってる鶏肉とゆで卵が激ウマ。

 

腹ごしらえも済んだのでキャンプ飯の材料を買いにスーパーへイクゾ!デッデッデデデデ(カーン)

 

国道55号を南下し、キャンプ場のあたりを若干すぎたところにあるスーパーに到着。

 

国道55号走ってるときに思ったのですが、徳島の人はゆっくり走るんですかね?

制限以下の速度で走る車が多く驚きました。

年末休みで帰省とか観光とかしてる慣れないドライバーが多いだけかな?

 

さておき食材を買い占めます。

白菜と春菊と肉とうどんとしめじとすき焼きのタレとビール以上!

 

お分かりの通り、今宵のキャンプ飯はすき焼き。ゆるキャン△の影響なんて、受けてないんだからね//

 

 

スーパーで買い占めを行なった後は、いよいよまぜのおかオートキャンプ場へGO(ひろみ)。

 

受付を済ませて、予約しておいた電源なしの区画サイトに駐車して設営します。

f:id:bongaitinyo:20190101150220j:image

 (ソテツだかヤシだかわかんないけど、さむいのに南国感…)

 

 

まぜのおかオートキャンプ場ですが、(高規格キャンプ場に泊まるのは初めてなので相場はよくわかりませんが、)よく整備されていて快適でした。

 

まず海を臨む立地で眺望が非常によい!

f:id:bongaitinyo:20190101171347j:image

f:id:bongaitinyo:20190101171404j:image

入り組んだリアス式海岸の向こうに太平洋。いい景色だ。

今日もいい天気☆なので、なかなか爽快。

 

区画サイトの各ブロックに洗い場があって、テントサイトからのアクセスがいいのがうれしい。しかも、この洗い場は温水もでるので、しもやけまみれになりながら洗うこともない!!

トイレにはウォシュレットがついてるし、便座があったかい。

冬キャンプにもってこいですね!

 

区画サイトはもちろんのこと、フリーサイトも駐車スペースから近いところに設営できるので、車やバイクから荷物をながながと持ち運ぶ必要がないので楽ちん。

 

やっぱキャンプメインなら高規格キャンプ場に行くべきなんやなって…。

 

逆に走るのがメインなら無料やめちゃ安キャンプ場、あるいは高級ホテル(別名快活クラブ)に泊まるのがおすすめです。 

 

 

今回使用したのはドッペルギャンガーのワンタッチテント(友人所有)。

f:id:bongaitinyo:20190101171436j:image

うわ...このテント、楽すぎ...?

このテント本当にワンタッチで設営できるんですね。楽すぎて感涙。

 

そんなこんなしていると、ちょっと暗くなり始めたのでメシにします。

f:id:bongaitinyo:20190101171542j:image

ビールはやっぱりキリンラガービール

 

f:id:bongaitinyo:20190101171722j:image

草まみれのすき焼き。2018年最後のメシにふさわしい豪華さ。うまい!!

ランタンを持ってくるのを忘れていたので、肉も野菜も見えなくて死ぬほど食べづらかったですが、うまいのでよし。

 

 

年越しまで寝袋でシノビガタキ(寒さ)ヲシノビ、タエガタキ(寒さ)ヲタエます。

しかし、年越しの瞬間はテントから出ようともぞもぞしている間に終わったので、特に画像も書くこともないです。

 

 

気を取り直して初日の出。

全く方角を調べていませんが、とりあえず海のほうを向いて待ちます。

 

徐々に明るくなってきます!期待がふくらむ!

f:id:bongaitinyo:20190101171900j:image

f:id:bongaitinyo:20190101171934j:image

 

でも、明るくなっても一向に日がのぼらなかったので、確認してみると、普通に方角を間違えていました。

しっかり方角を確認した朝日がすでに昇っていたので、角度を調節して日の出っぽく捏造した写真を撮りました。

f:id:bongaitinyo:20190101172041j:image

あさひがのぼる~(大嘘)

 

そんな感じで捏造から始まった2019年ですが、今年は去年よりもっとツーリングしたいと思っています。

さすらいもしないでこのまま死なねえぞ(奥田民生)の精神で生きていきたいと思います。

また、今年の4月には大学院に入学するので(唐突)、研究もしっかりがんばってやろうと思います。

 

今年もよろしくおねがいします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年最後の高野龍神スカイラインツーリングはざんねんな結果に。

こんにちは。

ボンです。

 

今日は僕のホームコース、高野龍神スカイラインで走り納めツーリングをしてきました。

 

高野龍神スカイラインは毎年12月中旬から翌年3月下旬くらいまで冬期通行規制が敷かれ、バイクは終日通行禁止になります。

今回の規制は、平成30年12月15日17時から平成31年3月25日7時までで、この間バイクは終日通行止めです。かなしい。

和歌山県地理情報システム  | 規制情報検索

 

 

今日(12月9日)が規制前最後のチャンスということで、いくっきゃない!!

 

昨日から急に寒くなったので、凍結の恐れあり。

また、龍神スカイラインの起点までは家から1時間弱。

なので、朝はゆっくりでます。8:30くらいだったかな?

 

国道480号をぶっとぼします(制限速度遵守)

この国道480号ですが、去年の春ごろにトンネルと橋の高規格道路が開通しました。

高規格道路(父鬼バイパス、鍋谷峠道路)ができるまでは、国道480号は鍋谷峠という幅員の狭い峠道でした。

DUKEくんを買ったころにはすでに開通済みだったのでバイクでは未踏ですが、子どもの頃は高野山に行くときは車でぐねぐね走った気がします。

この鍋谷峠は、自転車のプロレーシングチームの練習場所になっているらしいです。

そんな鍋谷峠も旧国道に格下げ。

だいたいトンネルができると峠道は酷道・廃道と化すのが世の摂理。そうなる前に公道最速伝説を作っておかなければ...。

来年は和泉山脈の峠道をめぐりたいですね。

 

閑話休題

そのまま480号を南進して、高野山を上っていきます。

高野山をのぼる道ですが、いい感じのワインディングです。

でも観光地だからバスも走っているので、前が詰まりに詰まって快走からはほど遠いです。ブラインドコーナーも多いし、中央線がオレンジな区間もあるし、そもそも中央線がないところも多いので、くれぐれも無理な追い越しはしないように(箴言

 

高野山をのぼりきったら、ついに高野龍神スカイラインへ突入!

するとスカイラインの序盤の序盤の序盤くらいですでに片道交互通行になってて、融雪剤(凍結防止剤)が撒かれている!!

嫌な予感を感じながらも進みます。

 

しばらく進むと、あら、雪降ってるじゃない!寒いと思ったわ~って感じで、路肩に雪。

でもバイク通行止めになってないので、路肩の雪を踏まなければヘーキヘーキという強い気持ちで進んでいきます。

 

 

強い気持ちで進む!

強い気持ちで!

つよいきもちで....

 

f:id:bongaitinyo:20181209192928j:image

これはもう無理ですね...。

f:id:bongaitinyo:20181209192940j:image

f:id:bongaitinyo:20181209192952j:image

今年最初の雪の華を、二人寄り添って...(ハイトーンヴォイス)

 

この先はもう路面が真っ白。完全に積雪してます。

霧&雨&夜の中を走ったのが、僕の龍神スカイラインツー史上最も過酷なツーリングでしたが、記録更新です。

積雪・凍結はやっぱきつい。

箕峠にも到達できませんでした。

 

四輪を駆る友人と一緒に行ったのですが、彼はもう少し先まで進んでいきました。

しかし、ノーマルタイヤだったので軽くスリップしたらしく、彼も引き返してきました。

 

命は大事なので引き返します。

 

 

命を守るため引き返します...。

バイクで事故らないための鉄則、「蛮勇を振るわない!」を発動!

我ながら英断だったと思います。

まあ高野山のぼってる時点で明らかに下ってくるバイクが多かったのでそこで気づくべきだったんですけどね。

 

もう山道は無理だ...の気分になった僕たちは、引き返していきつけのカレー屋ブーメランにむかいます。

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

 

しかし、お休み。

 

11月中は改装のためお休みという情報は前回行った時に入手していたのですが、まさか長引いているとは...。

 

今日は運が悪い...。

 

その後は適当にラーメン食って喫茶店行って駄弁っておわり!!

 

融雪剤でDUKEくんの下回りが真っ白になっていたので、園芸用の散水ホースで水をぶっかける!

日没してしまったので細かく洗車はできませんでしたが、これでフロントフォークのインナーチューブのサビの進行とか、エンジン他へのダメージとかは少なくなるでしょう。

融雪剤の多くは塩化カルシウムで、水溶性。たぶん水ぶっかけとけばとれるでしょう!

(帰ってきた瞬間に水をぶっかけたのでエンジンから湯気もくもくだったけど大丈夫か?)

明日はチェーンや足回り中心に洗車します...。

 

2018年最後の龍神スカイラインツーは完遂できませんでしたが、たのしかったのでよしとしましょう。

 

では。

 

 

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

龍神スカイラインの記事はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壊れちゃった...私のメーター...を修理しました。

こんにちは。

ボンです。

 

先日の岡山県キャンプツーリングのときに、DUKEくんのTFTモニター(液晶モニターのメーター)を保護する部分が壊れちゃった...のですが、それを修理しました。

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 (壊れたときの記事はこちら)

 

そこまで大きくぶっ壊れたわけではないので、欠片もキレイにのこっていました。

 

父親がなぜか欠けた部分を勝手にアロンアルファでくっつけていたため(僕がやるよりもキレイに!)、「これもうディーラーに持っていく必要ないのでは?」と思いましたが、オイル交換もあるのでディーラーにイクゾ!デッデッデデデデ(カーン)

 

 

僕が通っているディーラーは、オイル交換で7900円と(たぶん)高め。

でも、オイルはYACCOオイルの半化学合成とやや高級なものが使われているし、オイルフィルターも毎回交換。

(まさにコイツ。リットルで2527円って結構なお値段...)

また、毎回かなり細かく点検してもらえるので、バイクに関する知識の乏しい僕でも安心。

なので、そんなにめちゃめちゃ高いとは感じないですね。技術と知識をお金で買う!!

 

 

閑話休題

 

今回の修理では、メーターの割れた部分を液体ガスケットでシールしてもらいました。

390DUKEのメーターであるTFTモニターのカバーは密閉性が高く、割れると水分などが入って問題があります。傷は閉じたもののやっぱり水分は残った模様。でも、もともと走ってるとモニターのところが若干曇ったりしてたし、ディーラーの人も「たぶん壊れないと思いますよ」と言っていたのでダイジョウブイケルイケル。

 

ちなみに、液晶部分とカバーの部分をわけて注文できないので、交換すると9万円(!)以上します。超高い...。

 

また、こけたときにずれてしまった両レバーとハンドガードの角度も調整してもらいました。

 

それから、もう凍結防止の塩が山道ではまかれていたみたいで、フロントフォークのインナーチューブにサビがあったみたいです(洗車とか結構頻繁にやっていたのでショック...)。

こないだ岡山いったときですかね...。

サビ取りもサービスでやってくれましたが、全部とりきれなかったようです...。

寿命、どうか早まらないで...。

山道走ったら毎回水ですすぎたいと思います。

 

あとはいつものオイル交換時の点検でやってもらっている ドライブチェーンの給油と対アの空気圧チェック。チェーンの清掃・給油は自分でも1500kmごとくらいでやってるし、チェーンは長持ちしてくれよな!

 

あとディーラーで気になったのはサンスターのブレーキディスク!

見た目がカッコイイのもありますが、DUKEくんのブレーキのレスポンスというか効き方が、「若干扱いにくいな」と思うこともあるので、私気になります!

でも交換となると工賃含めてやばそうだな...。

 

DUKEくんに傷がついたのは残念ですが、その分思い出が刻まれたと思っておきます。

傷はカスタム!(至言)

 

では。