読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンガイチニョの日常世界

いつでもノーテンキ。 趣味は哲学・映画・音楽・バイク。バイクは免許取得中。

【音楽】はてしなくおすすめのバンドBRAHMAN

音楽

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

今日は僕の好きなBRAHMANというバンドを紹介したいとおもいます。

 

BRAHMANとは?

BRAHMANは1995年結成のロックバンドです。

ボーカルのTOSH-LOW、ギターのKOHKI、ベースのMAKOTO、ドラムスのRONZIの四人編成のバンドです。

 

普段「おすすめのバンドない?」と尋ねられると僕は大体「BRAHMAN!!」と答えるのですが、「どんなジャンル?」と聞かれるといつも返答に困ってしまいます。

 

よく「メロディックハードコアと民族音楽をベースにしたミクスチャーサウンドが特徴」と記事に書かれているのですが、そんな感じです。

この書かれ方からわかると思いますが、結局BRAHMANがどういうジャンルかはよくわからないということです。

BRAHMANのメンバーもインタビューで「なにがやりたいの?」とデビュー当時よく言われたそうです笑。

 

しかし、BRAHMANの音楽はジャンルの枠を壊してしまうだけではなくとてつもなくカッコイイのです!

 

 

BRAHMANの音楽の魅力

BRAHMANの音楽の魅力をピックアップしていきたいとおもいます。

 

力強く、かつ繊細なサウンド

BRAHMANの魅力といえば力強い演奏と繊細な演奏が入り混じっているところです。

ドラムとベースの力強い演奏にのせて繊細でキレイなギターリフが耳に入ってくると鳥肌が立つほどキモチイイ!

これは僕が変態というわけではありませんよ。みなさんも聞けばわかります。

またそれらの楽器のサウンドとTOSHI-LOWの歌唱が調和してすばらしいです。

 

捨て曲なし!

BRAHMANには捨て曲がないんです。

BRAHMANは誰か一人が作曲するという一般的なスタイルではなく全員がフレーズを持ち寄り、全員がアレンジに口を出すというスタイルのために一曲一曲にかる時間と労力がほかのバンドより大きいんです。その分曲数が少ないんですが、完成度が高い!高すぎる!

 

曲と曲のつなぎが完璧

アルバムなら一枚、ライブなら一公演、その全体を通して一曲のように感じるほど曲と曲のつなぎが自然で美しいんです!

僕がBRAHMANのライブで一番快感を感じるのはこの自然な「つなぎ」です。

なので、BRAHMANをきくときはYoutubeなどで一曲一曲きくのではなくアルバム単位で楽しむのがおすすめです。

 

「余白」が心地イイ!

曲中の音が止まったり、ギターだけになったりするところが素晴らしく心地イイんです!

僕が特におすすめするのはThe only way(アルバムANTINOMYの一曲目)の余白です。

是非きいてくださいね。

 

とにかくライブがカッコイイ!!

本当に圧巻のライブパフォーマンスですよ。

これはライブに行ってもらわないとわからないと思います。

ライブはもはや全身で感じる経験って感じです。

「行動こそが現実」(TOSHI-LOWの名言)ってことですよ笑

 

 

 

まだまだ紹介したいことがありますがそろそろエディタが重くなってきたのでまたの機会にしたいと思います。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【雑記】WBC日本がオランダを制す!

雑記

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

みなさんみましたか?WBC二次ラウンド日本対オランダ戦。

 

素晴らしいゲームでしたね。

 

勝ち越しホームランと決勝打のツーベースヒットを打った中田選手、延長を抑えきった牧田選手がヒーローインタビューに出ていました。お二人の活躍は素晴らしかったです。

 

全ての選手が一丸となって勝負したという印象があります。

 

菊池選手・坂本選手の素晴らしい守備!

よかったですね〜。

 

次は水曜日にイスラエル戦!

代表選手の方々がんばってください!

 

では。

【哲学】善の研究読み終わりました

哲学

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

先日読み始めた西田幾多郎善の研究読了しました。

 

私はこれから他者論(自己論)を組み上げるために西田の「私と汝」や「場所」、「絶対無」、「絶対矛盾的自己同一」などの概念に触れたいと思っているので、そのための足掛かりとして善の研究をまず一冊目に選びました。

 

そのため、後半はあまり興味がわかず「うーん」という感じでしたね。

 

でも前半は純粋経験純粋経験を基礎においた実在についての議論はとても楽しかったです。

ベルクソンによく似ていましたね。

 

これから解離についての精神医学のテキストやジャネの『心理学的自動症』といったテキスト、ウィニコット、西田、木村敏などを読んで自分の直観を概念として明確にできるようにがんばりたいと思います(まだ学部学生なのでレベルが低いかもしれませんが...)。

 

次の学期には他者論をテーマにした授業が開講されるそうなのでそれも履修したいとおもいます!(他学部の授業ですが出張したいとおもいます笑)

 

では。

【雑記】花咲くいろは見終わりました

雑記

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

たった今、花咲くいろは見終わりました。

 

キラキラした話で心に刺さりましたね。

青春って感じでした。

 

花咲くいろはは2011年に放送されていて、当時は毎週楽しみにしていました。

 

とてもよかったです。

やはり6年ぶりに見るとなると忘れている展開が多くて半分初見くらいの気持ちでみることができました。

 

お仕事のストーリーや女将さん・皐月さん・緒花ちゃんの関係はとてもよかったです。

とくに女将さんはこの作品の真の主人公ともいえる素晴らしいキャラクターでした。

 

しかしあるポイントのせいで僕はこの作品を手放しでほめることができません。

しかも結構このポイントが物語の重要な位置にあるんですよね。

 

そのポイントとは

恋愛ストーリーが茶番だということです!

 

考ちゃんと緒花ちゃんの恋愛をはじめとする恋愛模様がすべて常軌を逸しています。

とくに文化祭回付近とかの徹さん・緒花ちゃん・ミンチの三角関係、ひどすぎませんか?

 

さすが異常な恋愛模様を描くのが得意な岡田磨里さんが構成・脚本というだけありますよ。

異常な恋愛模様がみたいなら別のアニメみますから!

お仕事がんばるさわやか青春ストーリーに茶番恋愛劇を入れ込むのはやめてください!

 

ちょっと言い過ぎたかもしれませんが、結論としてはさわやかなアニメとしてとても良い出来なのですが恋愛ストーリーが茶番劇だったのが少し気になったということです。

 

岡田磨里さんとそのファンの方々きついことを書いてしまってごめんなさい。

しかし僕はこの意見をまげませんよ!

 

では。

 

 

 

 

【映画】遅ればせながら沈黙のレビュー

映画

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

今日は特筆すべきことがなにも起きなかったので、沈黙のレビューを書きたいと思います。

 

沈黙は梅田のTOHOシネマズで窪塚洋介さんの舞台挨拶つきの回でみました。

窪塚さん、かっこよすぎませんかね。

 

それはさておき沈黙のレビュー。ネタバレは最低限ですがありです。

 

沈黙のテーマは信仰心。これは間違いないです。

沈黙を続ける神。沈黙の内に聞こえる声。

沈黙というタイトルから神の不在を考える人も多いかもしれませんが、マーティン・スコセッシ監督はほぼ確実に神の存在を前提としています。

 

沈黙のテーマを考えるとき、ハンス・ヨーナスの『アウシュビッツ以降の神』を思い出しました。

ヨーナスはアウシュビッツの悲劇のあとでいかなる神を考えることができるのか、アウシュビッツの悲劇のあとの時代を人間はいかに生きていくべきかを考えました。

 

沈黙で描かれる世界も、圧倒的で理不尽な悲劇に対して神は沈黙しています。

信仰とはなんなのか、いかにして人間は生きていくべきなのか。

そういうことが全編通して訴えかけてきました。

 

ここからは少し演技や演出にスポットを当てていきます。

 

窪塚洋介さん演じるキチジローはほんとうに単純にみると、弱い人間と評されるかもしれませんが、おそらく彼の内包する強さをスコセッシ監督は出したかったのではないかと思います。よくこんな難しい役を完璧に演じきったなという感じです。

 

窪塚洋介さんの演技も素晴らしかったですが、なによりも素晴らしかったのが塚本晋也さんのモキチの演技でしたね。

海に磔にされて水責めを受けているときの塚本さんの演技はもはや演技ではないですね。完全に圧倒されました。

 

アンドリューガーフィールドさん演じるロドリゴとアダムドライヴァーさん演じるガルぺの別れのシーンは僕が見た映画のなかでもトップレベルのシーンでした。

知らないうちに涙がでるような素晴らしいシーンでした。

窪塚さんが舞台挨拶でこのカットは100テイクくらい撮っていたと言っていました笑。

 

神の視点を思わせるようなカメラワーク・演出がとてもよかったですね。このカメラワークが序盤にあったことからこの作品において神の不在が描かれているわけではないことを確信しました。

また、『沈黙』というタイトルの通りほとんど音楽が使われていなかったし、誰も話していない「沈黙」が効果的に機能していました。

 

沈黙、素晴らしい映画ですよ。

私(おそらく多くの日本人)は西洋的な神・信仰の概念を実感として深く理解することは難しいです。そのため、沈黙で表現されている神学的テーマを考えきることは難しいでしょう。

しかし、日本人として(非西洋的な信仰をもつ人間として)この映画に触れることによって得られるものは少なくないと思います。

 

みなさんも暇があればぜひみてください。

 

では。

 

 

 

【雑記】突然花咲くいろはが見たくなったので9話までみました

雑記 バイク

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

今日なぜかわかりませんが突然花咲くいろはが見たくなったので9話くらいまでみました。

 

花咲くいろはは放送当時毎週欠かさずみていたので、そのときの感覚がよみがえってきてよかったです。

しかし青春ストーリーがキラキラしすぎていてなんだかつらかったです。

みんなかわいいですね泣。

なんでもないようなシーンが心に刺さるんですわ。

 

喜翆荘みたいな旅館に泊まりたいですね。

ツーリングがてらゆっくりしたいです。

 

この記事にカテゴリーにバイクを入れたのはこのツーリングを入れたからではありません。

 

ではなぜいれたのか。

それは花咲くいろはに登場する徹さんという板前さん、カワサキのゼファー1100に乗っておられるのですよ!!

 

カワサキ乗りに悪い人はいない!徹さんは素晴らしい人です!

ただゼファー1100で音楽垂れ流しで走るのはなんとなくヤンキー臭がします...。

 

カワサキいいですよね。バルカンSとかめちゃくちゃかっこいいです。

いつか乗りたい!いや乗る!

 

【結論】

花咲くいろはカワサキアニメ。

 

では。

 

【雑記】けものフレンズ9話などみました

雑記

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

 

けものフレンズ9話みました。

相変わらずすっごーいCG。最先端のアニメーションですね(皮肉)。

でもそれがよく感じてきたので僕も相当けものフレンズ教にひきこまれているということでしょう。

 

それはさておき、かばんちゃん有能すぎませんかね?

いくらヒトでもあんなに機転がきくのは天才の領域ですよ。

 

今回はいろいろ気になる話題がでてきましたね。

ラッキーさんが「みらいさん」なる人の録音?を再生したところとか考察したい人にはたまらない素材じゃないのでしょうか。

 

僕は基本的に考察とかは全体みてからやりたい派なのでノータッチでいきます。

 

余談ですが最近ジェンツーペンギンさんのひっどい声の演技にはまってきました。助けてください。

 

では。