ボンガイチニョを目指す生活

いつでもノーテンキ。 趣味は哲学・映画・音楽・バイク。

KTM390DUKEでゆく!平日日帰り六甲山ツーリング!

こんにちは。

ボンです。

 

 

先日、入っていた用事がなくなって午後がまるまる暇になったので六甲山に行って来ました!

今回は六甲山レビュー(?)の記事です!

 

 

六甲山はほとんどの道が土日祝二輪通行禁止!

かつてのローリング族(死語)が暴れまわりくさったおかげですね…。

 

とりあえず出発前に通行できるところを確認しておきましょう。

↓このサイトで兵庫県の二輪通行規制の道をチェックします。

https://www.jmpsa.or.jp/sp/society/roadinfo/area-120-138.html

 

は?(キレ気味)

 

平日も通行禁止おおいやんけ…。

 

 

しかも芦有(ろゆう)ドライブウェイとかいうのは自動二輪で通行すると580円(うろ覚え)かかるらしい。

慎重にルート組まないといけないですねえ…。

 

ていうか平日でこんなに通行禁止ばっかりだったら土日祝にバイクで六甲山行くのは絶望的ですね。

 

 

二輪通行禁止を避けると

表六甲ドライブウェイ裏六甲ドライブウェイ(Uターンしてもう一回登る)→六甲山山頂→宝塚方面へ下山

というのがよさげでした。

 

そんなに時間もないので今回は有馬方面にはいきません。残念です…。

 

 

六甲山にはガーデンテラスやらオルゴールミュージアムやら牧場やら楽しい施設がいっぱいです。

しかし行きません。

 

なぜならまだバイトの給料が入っておらず金銭面の余裕が皆無だからです。

こういう観光地的な商業施設は飯も入場料もブルジョワ仕様になっていますから…。

 

 

商業施設だとガーデンテラスと六甲山牧場には行ったことがあります。

 

ガーデンテラスはシャレオツだし眺めもいいので、ライダーさんたちが結構おおいです。

 

個人的にオススメなのは六甲山牧場。

羊がそこらじゅうをウロウロしています。くさいけどかわいい!!

牧場らしくチーズを使った料理を出すレストランなどもあり、それまたおいしい!

入場料も格安だったと思います。

是非一度行っていただきたい。

 

 

話を元に戻します。

表六甲ドライブウェイは入口が少しわかりにくいです。

鶴甲方面(神戸大とかがある方)から登っていくのですが、六甲ケーブル下(?)というケーブルカーの駅のすぐ近くの狭い道から入ります。

 

標識と一緒に写真を撮りたかったですがそれなりに交通量が多かったので断念。

(余談ですが、みなさん標識とかの写真撮る時っていちいち停車して撮ってるんですかね?結構交通量多いところとかでも標識の写真が上がってたりします。なんかそういうタイミングで標識の写真撮ってるのって変態っぽくないですか?まあバイク乗り=変態(褒め言葉)的なところもあるので…)

 

とにかく表六甲ドライブウェイを登っていきます。

なかなかの快走路です。

路面も綺麗だし標高が上がるにつれて景色が開けてきます。

ゆったり景色を楽しみながら流したくなるような道でした。

 

そしてつぎは裏六甲ドライブウェイ

裏六甲といえばバリバリ伝説の秀吉くんですね(懐古厨)。

裏六甲のウンチーニと言われていた秀吉くん。

郡との最後の公道レース中に事故死しますが(壮大なネタバレ)、個人的にかなり好きなキャラクターです。

4耐の話は涙なしには読めません…。

 

それはさておき裏六甲ドライブウェイの感想です。

表六甲に比べると路面状態がよくないです。また景色がひらけた区間もなかった(たぶん)ように思います。

勾配がそれなりにきつく、下りはすぐにスピードがのってしまいます。

三速とかに入れておくと、スロットルを開けなくても40-50kmはでる感じでした。

 

続いて六甲山の山頂に行きました。

f:id:bongaitinyo:20180525095325j:image

f:id:bongaitinyo:20180525095336j:image

六甲山の山頂付近に一軒茶屋があり、そこの駐車場に停めることができます。

ここからそれなりな急勾配を登ると、ついに六甲山最高峰です!!

f:id:bongaitinyo:20180525095459j:image

f:id:bongaitinyo:20180525095515j:image

最高。

 

雲ひとつない晴天と神戸を見下ろす展望。

最高としか言いようがないですね。

休憩できるところがちらほらあるのでゆっくりしてから下山。

 

帰りは宝塚方面におりていきました。

こっちのルートは何の変哲も無いような道なのですが、かつて自転車で六甲山アタックしたときに使ったルートなので、そのときの思い出が蘇ってきて「なつかしい…」と一人で感慨に浸っていました。

あのときの辛さを思い出すと涙出ますよ…。

 

というわけで六甲山ツーリングでした!

比叡山ドライブウェイとかも値段は激高ですが、後半の奥比叡は平日しかいけないらしいですし行ってみたいですねー。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KTM390DUKEでゆく!紀伊半島内陸部ツーリング!

こんにちは。

ボンです。

 

みなさんGWたのしんでますか?

僕は昨日はアルバイトなどで一日潰れてしまい、僕のGWは今日からでした。

たぶん1日中休みになるのは今日ともう1日くらいだし、天気予報だとGW後半は天気が崩れそうなので、とりあえず今日パパッと行ってきました!

 

もともとは大台ケ原ドライブウェイを走るだけの予定だったのですが、思ったよりも家から近かったのでそのまま紀伊半島の山の部分を走って帰りました笑。

 

 

 

まずは大台ケ原ドライブウェイ。

京奈和の無料区間で五條北まで突っ走ります。

さすがGW。ものすごい数のバイクとすれ違いました。ヤエー祭り状態。

京奈和を降りてブイブイ走らせるとループ橋があります。

ぐるっと回りきると右に大台ケ原ドライブウェイに分岐する道があります。

 

この大台ケ原ドライブウェイですが、景色が開けたところにでるまでは「見通し悪い・路面状況悪い・狭い・対向車がバンバンくる」というあまり走りたくない道になっています。酷道マニアの方々や林道遊び勢の方々にとっては全然大したことないのかもしれませんが...。

 

しかし、最初のその区間を抜けると片側一車線と道幅も広くなり、適度なワインディングが気持ちよく楽しめます。

そんなにめちゃくちゃ飛ばしている人もいなかったので、個人的には龍神スカイラインよりも好印象でした。

 

ただ終点にある駐車場が満車で(バイク用の駐車場はあいていました)、ドライブウェイの最後の方が路駐パラダイスになっていました...。ちょっと危ないので路駐はやめてほしいとおもいます...。

 

それはさておき終点の駐車場!

ハイキングコースもありましたが、ライディングジャケットきて歩くのは確実にしんどいので余裕のスルー。

時間は11時。それなりにお腹もすいたので昼食にします。

食堂があったので、そこでエビカレー900円を食べました。

f:id:bongaitinyo:20180429205401j:image

普通のエビフライがのった普通のカレーですが、山で食べるとおいしいです。

 

腹ごしらえも済んだので、大台ケ原ドライブウェイをくだっていきます。

途中に景色のいいスポットをみつけました!

f:id:bongaitinyo:20180429205420j:image

(一歩先は崖...)

ガスバーナーでお湯を沸かしてコーヒーを飲んでいる人もいました。うらやましい...。

 

上りのときはそんなに感じなかったのですが、下りでは路面に砂の浮いているところが多かったようにおもいます。

一度リアがずるっとすべってヒヤリとした場面がありました。なんとか持ち直すことができて転倒はしませんでした。気分はマルク・マルケス

ただああいう思いは頻繁にはしたくないですね...。

 

 

次は瀞峡!のはずだったが...。

大台ケ原ドライブウェイをくだりきって次は瀞峡に向かいます。

しかし、瀞峡の絶景スポットと言われているところがどこにあるのかわからなかったので、道の駅「瀞峡めぐりの里熊野川」に行きました。

とりあえず川の写真をとっておきました。

f:id:bongaitinyo:20180429205446j:image

(川が緑だ...)

 

 

日本一の吊り橋!谷瀬の吊り橋!

瀞峡はまたの機会にするとして、次は十津川村の谷瀬の吊り橋に向かいます!

吊り橋に向かう途中に滝があったので駐車して写真をとりました。

f:id:bongaitinyo:20180429205528j:image

(謎の滝。マイナスイオンを感じる...)

 

北上して谷瀬の吊り橋に到着!

なにが日本一なのかは詳しく知りませんが、とにかく日本一の吊り橋です。

f:id:bongaitinyo:20180429205600j:image

わたってみましたが、思ったより安定していて怖くなかったですね。

吊り橋からの景色がめちゃくちゃいい!きもちいい!

f:id:bongaitinyo:20180429205646j:image

f:id:bongaitinyo:20180429205627j:image

眼下にはキャンプサイトがありました。キャンプしたくなってきますね!

 

 

峠のとうふ!

 

谷瀬の吊り橋をあとにして、大阪方面へ北上していくと峠道のただなかに豆腐屋があります。

f:id:bongaitinyo:20180429205723j:image

峠と豆腐なんてそれなんて頭文字D...って感じですが、結構な人気店らしく、にぎわっていました。

豆腐(木綿)一丁と油揚げを買いました。

ほんとうは池谷先輩のように厚揚げを買ってライテクを教わる(あるいは代わりにバトルに出てもらう)予定でしたが、売り切れとのこと...。仕方ありませんね。

f:id:bongaitinyo:20180429205708j:image

家に帰って豆腐を食べましたが、めちゃくちゃおいしかったです!

豆の味がします(ボキャ貧)。

がんもどきとかもおいしそうだったので、たまに買いに行きたいと思います。

 

帰宅!

峠とうふ店を出てから帰路につきましたが、結構燃料がぎりぎりでTFTモニターに「LOW FUEL」と出ていて結構あせりました。山道走るならやっぱ早めに給油しとかないとだめですね。大体のスタンドが廃業していて給油できません...。

 

紀伊半島の内陸部と言えば高野龍神スカイラインというイメージが定着していますが(僕だけ?)、結構それ以外の道やスポットも楽しいので、みなさんぜひ行ってみてください!

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

390DUKEくんにハンドガードとエンジンガードをつけてあげた!

こんにちは。

ボンです。

 

先日立ちゴケによってブレーキレバーの先端部を破壊してしまいました。

また、高野龍神スカイラインにいったときもクラッチレバーの先端部がポッキリいってしまっていたので、両方とも黒テープぐるぐる巻きでなんとかしていました。

 

両方とも折れてしまったのでレバー交換しようと思いましたが、ノーマルのレバーとパワーパーツの折れにくいフォールディングレバー的なのがあってちょっと悩んでいました。

 

でもよく考えてみると、これからもどうせ立ちゴケしてパワーパーツのレバーもいつかダメになるだろうし、ジムカーナをはじめたら余計ヤバいんじゃん!と思いハンドガードをつけることにしました。

 

ついでにエンジンガード (クラッシュバー)も装着します。

こけてエンジンぶっ壊れたら嫌ですからね〜(そんなこと滅多にないと信じていますが…)。

 

というわけで正規店で装着!

f:id:bongaitinyo:20180424155238j:image

f:id:bongaitinyo:20180424155256j:image

ハンドガードもエンジンガードもパワーパーツです。

両方とも黒にしました。

ハンドガードはもともと黒を希望していたのでいい感じです。

エンジンガードは本当はオレンジの方がKTM感が出ていいなーと思っていたのですが、オレンジは削れて色を付け直すときにいい色が手に入りにくいということで、補修しやすい黒色にしました。

 

ジムカーナは近くの練習会の日程と休みが重なれば行きます!

 

では。

 

 

モトジムカーナやりたい!関西圏で初心者OKな練習場所ないですか?

こんにちは。

ボンです。

 

【注意】

タイトルの通りこの記事は何の役にも立ちません!教えをこうだけの記事です!

 

 

大阪の立ちゴケマニアといえば私ボン。

貧弱なライディングテクニックで街を闊歩しています。

 

とはいえ街中でぶっ飛ばしたり無理な追い越しをしたりすることはないし、立ちゴケを大通りの交差点とかでおこすことはないので致命的に乗れないというわけではありません。

まだバイクに乗り始めてから距離もそこまで走っていないのでザ・初心者という感じです(才能がないのは確かっぽいですが…)。

 

やはりバイクに乗るものとしてはうまく走りたいものです。

しかし僕は学生身分でお金持ちでもありません。

なのでライディングスクールに行ったりオフロードコースを走ったりするお金はそんなにないんですよねー(ツーリング用の装備とかも買いたいし…)。

オフロードはレンタルとかで1万円くらいするし、ライスクもスケジュールが合わなかったり高かったりばっかり…。

 

そこで今乗っているDUKEくんで何かお手軽にライテク向上を目指せないか!?と調べ始めました。

 

 

それで見つけたのがモトジムカーナ

個人的にはジムカーナと言えば頭文字Dの須藤京一…。

f:id:bongaitinyo:20180413104915j:image

京一は中低速コーナーの鉄人なんだ(岩城清二談)

 

僕も低速コーナーの鉄人になりたい!

というわけでモトジムカーナをやろうと思い立ちました。

 

しかし調べてみるとモトジムカーナはどんどん練習場所が減っているようです!

いまどきバイクなんて流行らないってことなんですかね…。

 

近所でそれっぽい空き地を探したのですが見つかりませんでした。そもそも空き地で練習してたらポリスメンの厄介になりますよね。

 

というわけで関西圏で「ド」初心者でもできるようなモトジムカーナの練習場を探しています!

その道の人に是非ともご教授していただきたい!

 

よろしくおねがいします!!!

 

では。

 

 

 

大いなる下道旅!鳥取ツーリング!

こんにちは。

ボンです。

 

先日、二日間鳥取へキャンプツーリングに行ってまいりました!

いつも通り全区間無料の道路!

お金がもったいないので、なんとかスカイラインとかの眺望の良い道路とかじゃないと有料道路はなるべく利用しないと決めています。

なので表題の「下道旅」というのは厳密には間違いで、高速の無料区間は使いまくります!

今回の鳥取ツーはふんだんに無料区間を使いました笑

無料道路だけでしたが、DUKEくんのTFTモニターによると走行距離は751.3km、走行時間は17時間でした!

先輩ライダーや超人ライダーの方々にとっては笑止千万かもしれませんが、ひよっこピヨピヨライダーの僕にとってはかなり長いツーリングでした。

 

 

一日目!

一日目は5時半に起床!荷物を積載して6時に出発します。

僕がそろえたキャンプ用具は大体コンパクトなものばかりなので、タナックスのフィールドシートバッグ的なのがあれば一つだけで楽にしかも安全に積載できます。

が!僕はもっていません!

スポーツバックに適当に詰め込んで紐で縛りまくります!

遠坂峠

大阪と兵庫をドーンと北上していくと(関西人並感)、北近畿豊岡自動車道に出ます。

いったん高架を降りることにはなりますが道の駅にもアクセスできるので、休憩もとることができます。僕も途中の道の駅(あおがき)で休憩しました。

北近畿豊岡自動車道は大部分が無料区間なのですが、遠坂トンネルという区間は有料なんです。

それを迂回するという消極的な理由もありますが、遠坂峠はバイク乗りにはそこそこ人気っぽいので一回行ってみたいなと思っていました。

ワインディングの区間はそれほど長くないですが、全区間片側一車線だし路面状況も結構良いのでしっかり楽しめます。たださっき言った通り有料道路の迂回路になっているため交通量が多いです。トラックもよく通るのでつっかえて気持ち良くはしれない可能性もあります。

追い越しすることもできますが、往路も復路も交通量が多いのでその際は十分に注意した方がよさそうです。

七坂八峠展望台(山陰海岸

国道9号線をそのまま突っ切ればすぐに鳥取につくのですが、僕の手持ちのツーリングマップル関西版(2017)でおすすめされていたワインディングロードに行きました。

f:id:bongaitinyo:20180405070314j:image

f:id:bongaitinyo:20180405070343j:image

ここはかなり気に入りました!

景色がめちゃくちゃいい!べつに標高が高いわけではないですが、海岸の感じやヘアピンカーブの感じがいいですよね(ボキャ貧)。展望台にバイクをとめてベンチでのんびりできるのもうれしいです。

ワインディングの区間はこれまた短いですが結構走りごたえありますよ。

 

道の駅神話の里白うさぎ

 

山陰海岸沿いから国道9号線にもどり鳥取まで突っ切ります。

砂丘あたりをこえると白兎海岸が見えてきます。白兎海岸と道路をはさんで向かい側に道の駅神話の里白うさぎがあります。

何か軽く食べようと思い立ち寄りました。

道の駅内をウロウロしていると「もさバーガー」や「わにラーメン」などご当地感のある食べ物を売っているところを発見。

せっかくなのでもさバーガー(500円)をいただきました。

f:id:bongaitinyo:20180405070959j:image

(バンズが黒い…)

味は…普通です。

名産品のもさえびをハタハタのすり身に合わせたカツがバンズで挟んであるのですが、少し柔らかすぎるように思います。また、もさえびのにおいが釣り餌っぽく感じられて、僕の好みではありませんでした。バンズもちょっと柔らかすぎるかな。

ただソースはおいしいし、モサエビカツとバンズも味はとってもおいしかったです。

 

大山まきばみるくの里

 

国道9号線をさらにずっと西へ進んでいくと、大山環状道路につながる道があります。

大山環状道路をすすむと大山まきばみるくの里があります。

ここのソフトクリームは有名らしく、鳥取に行くなら食べてみたい!と思っていたので行けてよかったです。

ただ時間が閉店の17:00ギリギリに到着したので、ソフトクリームを食べただけでした笑。

f:id:bongaitinyo:20180405071949j:image

めちゃくちゃおいしい!

甘さ控えめで牛乳の味がしっかりする!香りもいい!これはかなりオススメです。

普段あんまりソフトクリームとかは食べないので比較はできませんが、おいしいことはたしかです。

(関係ないですがいろんなツーリングブログをみてるとなぜか大体みんなソフトクリームを食べていますよね…)

f:id:bongaitinyo:20180405072335j:image

(駐車場で大山とDUKEくんをパシャリ)

大山環状道路ではワインディングが続いていて楽しめました。ただ路肩に残雪がある区間もあってまだ走るシーズンではないかもしれません。

もっとあったかくなってきたら大山環状道路一周とかしたいですね。

 

はわい温泉

 

鳥取にはハワイがあるのでいってみました(意味不明)。

ハワイといっても羽合。温泉で有名な町です。

大山から砂丘方面に帰っている途中に看板を見つけたので立ち寄ることに。

これまた大山と同じで観光というよりかはただ温泉に入るだけです笑

ツーリングは走るのが目的ですから…。

日帰りで温泉に入れるところをGoogle大先生に教えてもらって行ってきました。

行ったのは千年亭!

f:id:bongaitinyo:20180405073242j:image

東郷湖のすぐそばにある(橋を渡ったし下手したら東郷湖の上?)温泉宿で普通に泊まったらかなり高そうな雰囲気でした。

温泉に入るには1000円払う必要がありますが、こんな高級そうな旅館の温泉を堪能できるなら払う価値ありでしょう(思考停止)。

露天風呂の眺めが良くて、東郷湖を見渡すことができます。また湯加減は少しぬるめだったのですが、いつまでも入っていられる感じだったので、かなりの時間を溶かしてしまいました。

 

柳茶屋キャンプ場

 

急いで砂丘方面に帰ります。

砂丘のすぐそばにある柳茶屋キャンプ場にテントを設営します。

このキャンプ場は受付する必要はあるものの無料です。宿代が浮くので最高ですね。

また無料の割には炊事場(?)みたいな水道がある屋根付きのところもあるしいい感じでした。

防砂林の松林の中にあって地面が松の根っこでデコボコしているところが多いですが、探せば平面になっているところもあります(デコボコしててもそれも一興…)

思ったよりキャンプしている人が多かったです。遅い時間だったので街灯の近くにテントを設営しました。曇っていたし街灯があったため星はあんまり見えませんでした。

前回の潮岬はほとんど冬で雲ひとつないベストコンディションだったんですね。キャンプするのはお金の節約と自然の中で星を見るという目的があるので少し残念でした。こればっかりは仕方ない。

コーヒーを飲んで24時に就寝。

 

2日目!

 

日の出

 

5時半起床!キャンプするならやはり朝日が昇る様子は見ておかなきゃいけないですよね!

前回の潮岬キャンプでは星はめちゃくちゃキレイでしたが、日の出の時間にはすっかり曇ってボヤッと明るくなっただけでした。

でも今回は山間から朝日が昇っていくのがはっきりと見えてテンションがめちゃくちゃ上がりました!

f:id:bongaitinyo:20180405145134j:image

美しい…。

 

シーフードヌードル

 

朝日を見たら朝食です。上等なクッカーなどは持っていないので料理はできませんがお湯だけ沸かしてシーフードヌードルを食べます。

ゆるキャン△ではカレーメンでしたがやっぱりカップヌードル最強はシーフードで決まりでしょう。

f:id:bongaitinyo:20180405145436j:image

カレーヌードルは邪道(過激派)

 

帰宅…?

 

大阪で用事があったので早々に帰路につきます。行きで通ったのとほぼ同じ道を通ったので特筆すべきことはありません。

正直1日目2日目と見出しを分けたことすらミスのように思いますが気にせずいきましょう。

話を元に戻すと、同じ道を通って用事があるところまで帰ったのですが、用事が10分くらいで済んでしまいました。

「行かなきゃよかった…」と思いましたが帰阪してしまったので仕方ありません。

残りの時間大阪でできることを探しましょう。

 

いつもの。

f:id:bongaitinyo:20180405150613j:image

いつものカニクリームコロッケカレー間盛りです。店はいつも通り堺市美原区のブーメランさんです。

先週行きましたが関係なくおいしいですね。

まさか鳥取ツーの締めがいつものカレーとは予想していませんでしたがたのしかったのでセーフです。

 

本当に帰宅。DUKEくんおつかれさま!

 

道がかなり混んでいたこともあって結局家に着く頃には暗くなっていました。

はじめの方に書きましたが走行距離751.3km、走行時間17時間でした。

事故なく楽しくツーリングできたのは優秀なDUKEくんのおかげ!DUKEくんありがとう!

今回から結構シフトチェンジでガチャガチャ言わせてしまったので変速器まわりが若干心配ですし、レバーも交換したいし、オイル交換ももうじきなので、来月あたりには点検に出したいですね。

 

鳥取キャンプツーリングとっても楽しかったです!

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高野龍神スカイラインをはしる!&洗車!

こんにちは。

ボンです。

 

最近かなりあったかくなってきてバイク日和になってきましたね。

一部オフロードバイクユーザーは雪道を遊んでいたかもしれませんが(尊敬)、基本的にオンロードバイクに乗っているライダーにとってはそろそろバイクにまたがって遠出しはじめる時期ではないでしょうか。

 

というわけで僕も関西ライダーに屈指の人気を誇る高野龍神スカイラインをはしってまいりました!

僕は高野山金剛峯寺まで一時間かからないような山手の田舎に住んでいるので、日帰りどころか半日で高野龍神スカイラインを行って帰ってこれます。

先月の終わりごろにバイクの通行が解禁されたという情報が入ってきたので、サクッといってきました。

 

 

とりあえず高野山金剛峰寺でまったり。

f:id:bongaitinyo:20180401183418j:image

高野山を上る道路がそれなりに混雑していて、エンストするかも...と思うような速度しか出ていなかったためヒヤヒヤしました。

 

まったりと言っても家を出て一時間もたっていないのでさほど疲れもなく20分ほどで立去りました笑。

 

金剛峯寺のすぐ近くから国道371号線へ入ります。ここから高野龍神スカイライン区間です。

4月とはいえ標高が1000mを超えるため、まだまだ肌寒かったです。そのためか観光に来ている四輪はかなり少なかったです(夏でも少ないのかな?)。

高野龍神スカイラインは道幅が広いし、そこまでタイトでもないし、人気もうなずけるような快走路でした。気が付くと結構スピードが出てしまっていて注意が必要なくらいです。

眺望が特別良い区間があるわけではないですが、時折視界が開けると標高の高さを実感します。山々を見下ろす感じで絶景です。

ただかなり路面が荒れてバンピーになっているところが多いので、ヒヤッとする場面がたくさんありました。マジでコケるかと思った...。

途中は路面ばっかり見てました笑。これが無料道路の宿命...。

 

多くのバイクが停まっている道の駅ごまさんスカイタワーに入ります。

f:id:bongaitinyo:20180401183523j:image

パニガーレやNSR、(たぶん)H2などカッコイイバイクがずらっと並んでいて興奮しました!

建物二階のカフェてんくうでジビエカツカレー(1200円)をいただきました!

f:id:bongaitinyo:20180401183648j:image

味は普通です...。

カレーはおいしいですが特別おいしいというわけではありませんし、ジビエカツは何の肉かわからないほど味が消えてしまっていました。あと仕方ないですが肉が小さい...。

僕は野生獣を料理したときの独特のにおいというか臭みが結構好きなんですが、においはいい感じ処理されていて臭すぎず、かといって香りは損なわない感じで、ここはこう評価です(上から目線ですいません...)。

 

ごまさんスカイタワーを出たら道の駅龍神まで行く予定でしたが、日のあるうちに帰りたかったのでそのまま折り返して帰宅しました。

 

途中はなさかドライブインに寄ったのですが駐車場で立ちごけしました...。

シフトレバーの先端部分がボキっといってしまいました。DUKEくんのブレーキレバーとシフトレバーには先端近くにもともと折れ線的なのがついていて、転倒時にレバーを損傷してもレバー操作にできるだけ支障をきたさないようになっています。やはりKTMは有能。

今回僕はあえて立ちごけすることによってDUKEくんのシフトレバーを一時的にショートレバー化することに成功しました。あえてね(震え声)。

 

家に帰って応急処置。不幸中の幸いか折れたシフトレバーの先端部を見つけて持って帰っていたので接着することが可能でした。

とはいえ先端部がキレイにぽきっといっているのではなく若干折れ口が歪んでいたので瞬間接着材でバシッとつきそうにはありませんでした。

なのでアロンアロファを折れ口につけて接着し、その後上から黒いテープでぐるぐる巻きにして事なきをえました(事なきを得たとは言っていない)。

f:id:bongaitinyo:20180401183747j:image

これでショートレバーともお別れです。

じきエンジンオイル交換だと思うので、そのときにレバーも交換してもらいましょう。いくらかかることやら...。

 

せっかく作業を始めたので、チェーンメンテと洗車を行いました。

チェーンはワコーズのクリーナーとルブでメンテします。

ワコーズのクリーナーはかなり有能で汚れが落ちる落ちる!

チェーンは走行距離1000kmごとに清掃しているのでクリーナーを使ったらすぐにキレイになります。

水を使う大規模な洗車はできないので、フクピカとマイクロファイバータオルで洗車します。ボディやライトフレームなどはフクピカでキレイにして、スイングアームやホイールなどの油汚れはタオルにワコーズのチェーンクリーナーを吹き付けて拭くと簡単にキレイになります。

f:id:bongaitinyo:20180401183829j:image

(フロントホイール)

f:id:bongaitinyo:20180401183849j:image

(リアホイールとチェーン)

これで簡単ですが洗車完了!

 

というわけでみなさんも高野龍神スカイラインはしってくださいね(唐突)。

次は鍋谷峠も行きたいです。

 

では。

 

KTM390DUKEリアサスのプリロード調整インプレ!

こんにちは。

ボンです。

 

先日DUKEくんのリアサスのプリロード調整をしました。

 

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 

 

4月にワインディングを走るツーリングをする予定なのですが、待ちきれないので近所の山道を短いですが走ってきました。

今回はそのとき感じた変化を書いていこうと思います!

 

 

プリロードを10段階中の5から3と弱めてみました。

またがった時の沈み込みが変わったので足つきが変わったように当初は思っていましたが、はっきり言って誤差でした。足つきを良くしたい人は最低まで弱めるか、おとなしくローダウン用サスを買うしかなさそうですね…。

 

大きく変わったと思うのはタイトコーナーを曲がってるときですね。

プリロードが標準設定のときにはコーナーの立ち上がりに向けてアクセルを開けるとなんとなく車体の重心が浮き上がる感覚がありました。

僕の技術の問題もあると思いますが、アンダーが出るというか、大回りになってしまうというかそんな感じでした。

 

プリロードを変更した後はコーナーでアクセルをあげるとググッと曲がりたい方向に押し出してくれるような感じになりました。

より小回りが効くようになった気がします。

アンチスクワットアングルが適切な感じにどうのこうのしたんでしょうね(適当)。

なんとなくレスポンスが良くなったというか立ち上がりやすくなりました。

 

ただ速度が高い状態でコーナーに入ると沈み込みすぎて危ないかもしれませんね。

 

本音を言えば減衰力・ダンパー調整もしたいですねー。あとフロントサスも。

オーリンズとかの高性能サスをつけたい…。

 

では。