読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンガイチニョの日常世界

いつでもノーテンキ。 趣味は哲学・映画・音楽・バイク。バイクは免許取得中。

【音楽】はてしなくおすすめのバンドBRAHMAN

こんにちは。

ボンガイチニョです。

 

今日は僕の好きなBRAHMANというバンドを紹介したいとおもいます。

 

BRAHMANとは?

BRAHMANは1995年結成のロックバンドです。

ボーカルのTOSH-LOW、ギターのKOHKI、ベースのMAKOTO、ドラムスのRONZIの四人編成のバンドです。

 

普段「おすすめのバンドない?」と尋ねられると僕は大体「BRAHMAN!!」と答えるのですが、「どんなジャンル?」と聞かれるといつも返答に困ってしまいます。

 

よく「メロディックハードコアと民族音楽をベースにしたミクスチャーサウンドが特徴」と記事に書かれているのですが、そんな感じです。

この書かれ方からわかると思いますが、結局BRAHMANがどういうジャンルかはよくわからないということです。

BRAHMANのメンバーもインタビューで「なにがやりたいの?」とデビュー当時よく言われたそうです笑。

 

しかし、BRAHMANの音楽はジャンルの枠を壊してしまうだけではなくとてつもなくカッコイイのです!

 

 

BRAHMANの音楽の魅力

BRAHMANの音楽の魅力をピックアップしていきたいとおもいます。

 

力強く、かつ繊細なサウンド

BRAHMANの魅力といえば力強い演奏と繊細な演奏が入り混じっているところです。

ドラムとベースの力強い演奏にのせて繊細でキレイなギターリフが耳に入ってくると鳥肌が立つほどキモチイイ!

これは僕が変態というわけではありませんよ。みなさんも聞けばわかります。

またそれらの楽器のサウンドとTOSHI-LOWの歌唱が調和してすばらしいです。

 

捨て曲なし!

BRAHMANには捨て曲がないんです。

BRAHMANは誰か一人が作曲するという一般的なスタイルではなく全員がフレーズを持ち寄り、全員がアレンジに口を出すというスタイルのために一曲一曲にかる時間と労力がほかのバンドより大きいんです。その分曲数が少ないんですが、完成度が高い!高すぎる!

 

曲と曲のつなぎが完璧

アルバムなら一枚、ライブなら一公演、その全体を通して一曲のように感じるほど曲と曲のつなぎが自然で美しいんです!

僕がBRAHMANのライブで一番快感を感じるのはこの自然な「つなぎ」です。

なので、BRAHMANをきくときはYoutubeなどで一曲一曲きくのではなくアルバム単位で楽しむのがおすすめです。

 

「余白」が心地イイ!

曲中の音が止まったり、ギターだけになったりするところが素晴らしく心地イイんです!

僕が特におすすめするのはThe only way(アルバムANTINOMYの一曲目)の余白です。

是非きいてくださいね。

 

とにかくライブがカッコイイ!!

本当に圧巻のライブパフォーマンスですよ。

これはライブに行ってもらわないとわからないと思います。

ライブはもはや全身で感じる経験って感じです。

「行動こそが現実」(TOSHI-LOWの名言)ってことですよ笑

 

 

 

まだまだ紹介したいことがありますがそろそろエディタが重くなってきたのでまたの機会にしたいと思います。

 

 

では。