読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンガイチニョの日常世界

いつでもノーテンキ。 趣味は哲学・映画・音楽・バイク。バイクは免許取得中。

【哲学】西田幾多郎の哲学ハマってきました。

哲学

こんにちは。
ボンガイチニョです。

 

ここ最近は自分の所属している部活が忙しかったり、教習に通い始めたり、アルバイトをしたりと忙しかったので、読書全然できてなかったのです。

 

今日の朝やっと西田幾多郎哲学論集Ⅰを少し読み始めることができました。


前回読んでいた善の研究に引き続き、今後も西田の本を読んでいく予定です。

 

厳密に言えば善の研究の間に柴山雅俊先生の『解離の構造ー私の変容と〈むすび〉の治癒論ー』とか大饗広之先生の『「豹変する心」の現象学―精神科臨床の現場から』など読んだのですが、前者は医学書ですし、後者も哲学書といえば哲学書ですが柔らかい内容でした。

 

ですので今回久しぶりに硬い哲学書を読むことになります。

 

一つ目の論文の「種々の世界」までしか読めていないのですが、善の研究と同様に純粋経験(直接経験)を実在の根本に置く西田の論はかなり僕の日常的な感覚と合うので読んでいて楽しいです。


少しハマりかけています。

 

善の研究は、細かいところはまだまだ理解しきれていないところはありますが、世間一般に言われているほど難解の書というわけではないと感じました(こればっかりは個人のフィーリングに合うかどうかという問題がつきまといますので一概にとは言えませんが・・・)。

 

なので文体と文字の小ささだけで敬遠せず、一度読んでみるのもよいと思います。
西田はよく考えているなと感じると思います。

 

西田関連で何かオススメの本などあればぜひ教えてください。

 

あと木村敏先生の対談集が新刊で出るらしいですね。ホスィー!!

 

では。