ボンガイチニョを目指す生活

いつでもノーテンキ。 390DUKEに乗って闊歩。

紀伊半島ほぼ一周ツーリング!

こんにちは。

ボンです。

 

今年初のツーリングに選ばれたのは、紀伊半島でした。

渋滞と積雪・路面凍結を避けるためになるべくあたたかい方面ということで、紀伊半島の沿岸部をグルッとまわるルートで行ってきました。

 

 

そんなわけで本州最南端潮岬にイクゾ!(デッデッデデデデッカーン)

 

1日目

 

まずは奈良のローソンで友人と合流・休憩。

三重方面に向かって突き進みます。

 

途中ハスクバーナのオフ車が大量においてあるところがあったんですが、オフロードコースのウッズしもいちの近くだからなんですかね?

 

 

それはさておき、三重方面に進んで行くと見知った国道166号にでました。

高見のループ橋はいつ走っても爽快ですね!

結構標高が高いので、空に向かって射出されるみたいでキモティ!(スピード出しすぎたらマジで射出されるかも)

 

 

そのまま山間部を走って休憩場所の道の駅紀伊長島マンボウへ到着。

f:id:bongaitinyo:20190124173903j:image

このネーミング...。

マンボためごろうにオカリナ曲でも教えてもらえるのかな?

f:id:bongaitinyo:20190122104034j:image

(ゼルダの伝説夢を見る島。画像は拾い物)

友人にふざけて「マンボウ食べられるんじゃね?」と言っていると本当に売っていました。

当然マンボウは……(食べて)ないです。

なんかうまいらしいっすよ?(他人事)

今回は節約のためマンボウは断念です。そこまで食べたいと思ったわけでもないので、つぎ来て食べるかは微妙っすね…。

 

マンボウの代わりに500円くらいのオムそばを食べました。

マンボウも三重もなにも関係ない食べ物ですが、思ってたよりうまい&ボリュームがあるって感じで満足。

 

メシを食べたら紀伊長島を発つ。

そのまま国道42号線を南下していきます。

海沿いに出てくると、水平線が見える気持ちのイイ道になります。

なんか千葉フォルニアもどき(ということはカリフォルニアもどきもどき?)みたいな場所もありましたが、別にカッコイイ写真をとるのに興味ないのでスルー。

 

そのまま紀伊半島右側を海岸線沿いに南下して那智勝浦へ。

那智勝浦は高校時分部活動の試合で毎年言っていたので思ひ出がぽろぽろ。

 

国道42号から外れて那智の滝に向かって山道をのぼります。

九十九折れのいい感じの道ですが、乗用車、歩行者、バスなど流れはよくないし、でっかいバスがセンターライン割り気味に曲がっていたりするので気を付けましょう。

 

那智の滝付近の駐車場は大体有料で、バイクは200-250円程度かかります。

駐車場は山道の途中にあるので、傾斜がきついところもあるので気をつけましょう(なお、筆者は急傾斜のところに停めて、出すのにめちゃめちゃ苦労した模様)。

 

階段を降りて滝に行きます。

f:id:bongaitinyo:20190124172657j:image

瀧くん…(みつはちゃん並感)

マイナスイオンって感じ(適当)でよかったです。THE 日本の滝。

まあ何度もみたことあるので特に感動も何もなかったんですけどね。

 

はからずも初詣になったので、おみくじをひきます。

中吉でした。

中身を要約すると「努力すればそれ相応の良いことがおきるよ」みたいな感じ?

言われなくてもわかってるという気もしないでもないですが、啓示をくれた神にマジ感謝。リスペク!(ヒップホッパー)

隣でゲーム脳(死語)の友人が「SSR(大吉)が出るまで課金しろよ!」と言っていましたがスルー。

 

暗くなるまでにキャンプ場につきたかったので、さっさと出発します。

駐車場から出るとき坂道Uターンしないといけなかったのですが、ステップがスネに刺さったりシートの端に股をぶつけたりして負傷したのですがそれはここだけの秘密。

 

適当に走って潮岬のキャンプ場に到着。

風が強くてテントが飛びそうになりながらも設営。

f:id:bongaitinyo:20190124174019j:image

(友人と僕全く同じテント使っててキモい…)

 

設営して移動していると、海に沈む巨大な夕日が!

めちゃめちゃキレイでした。これだからツーリングはやめられない。

写真?撮ってません(無能)。

撮ろうとしたら沈んだので仕方ないね(諦観)。

 

設営終わったし風呂。

f:id:bongaitinyo:20190124194436j:image

潮岬のキャンプ場-サンゴの湯のコンボは去年の2月にも行きました。

サンゴの湯は普通の銭湯です。この日は団体客みたいな一行がいて混んでました。

 

キャンプ場に戻ってキャンプ飯。

f:id:bongaitinyo:20190124194700j:image

ギョウザキムチ鍋。うますぎ。

 

大阪府民ぐらいしかわからないであろう「せみ餃子」をぶち込みました。

ギョウザを鍋にいれるのは堺市の風習でもあるようです(関テレの番組でみたような希ガス)。

ということは、ゆるキャン△第3話で餃子坦々鍋を作っていたなでしこちゃんは山梨に引っ越す前は堺市に住んでいた?(名推理)

 

それはともかくキムチ味のギョウザでプシュるアサヒ!スゥゥパァァアアドゥアアアアアアイ!!はうまい。最高。これでこそキャンプ。

 

ビールとウィスキーを飲んでいい感じになったので寝ます。おやすみ。

 

2日目

 

7:00起床。

日の出?なんのことかわかりませんねえ…。

 

f:id:bongaitinyo:20190124195850j:image

朝食は2割引のパンと3割引のパン、合計5割引(文系脳)のパンです。

カッチカチでしたがキャンプで食べればうまい。

 

朝食を食べ終えたら本州最南端の碑に別れを告げます。

f:id:bongaitinyo:20190124200008j:image

f:id:bongaitinyo:20190124200125j:image

ていうか、カッパのせいで短足チンチクリンに見える。これだからモンベルは…(八つ当たり)。

 

国道42号(紀伊半島左側)を海沿いに道の駅に寄りつつ北上していきます。

断続的に雨に降られましたが、ここまで海沿いだと雨も塩っぽい。

フロントフォークが錆びちゃう…。

この友人とツーリングに行っていい天気だった時の方が少ない。思い出はいつの日も雨(サザン並感)。

 

そんなこんなでやってきましたよ…。待望のあの場所に…。

 

f:id:bongaitinyo:20190124200640j:image

あの海〜どこまでも〜青かった〜(Liaボイス)

 

鍵っ子(死語)の皆さんならもうおわかりですね。

AIRの聖地、御坊市美浜町、煙樹ヶ浜です。

観鈴ちゃんがおがおって感じにテンションが上がります。

 

f:id:bongaitinyo:20190124200948j:image

f:id:bongaitinyo:20190124201006j:image

消える飛行機雲〜僕たちは見送った〜

 

季節ハズレだし晴れてもいませんが、マジで「AIRで見たことある」って実感できるような景色で感動しました。

 

f:id:bongaitinyo:20190124201142j:image

f:id:bongaitinyo:20190124201156j:image

「ママー!!」

 

ホンモノの鍵っ子なら晴子さんの愛車Ducatiモンスターに乗るんですかね…。

 

去り際に海を眺めながら「青空」を聴きます。

エモい。エモすぎる。マジで来てよかった。

 

その後は王将で昼食をとって、道の駅明恵ふるさと館(あきえじゃなくてみょうえ!)まで北上します。

 

この道の駅で休憩したのち、国道424号の酷道区間にアタックします。

ススキで若干有名な生石高原のすぐ近くの国道なのですが、有田川から海南に抜ける峠区間が急傾斜で、路面状況が悪く、狭路と3ケタ国道400番代らしい道路となっています。

でも意外と交通量が多く(狭路区間で対向はなかったですが)、一応国道指定される程度には利用されていそうですね。

結構楽しかったのでまた来たいですね。

 

和歌山、三重、奈良方面に行くときは毎度使っている国道480号にもどってきて紀伊半島ほぼ一周完了!

f:id:bongaitinyo:20190124202241j:image

あぁ〜!くしがきの里ォ〜!!(道の駅くしがきの里)

祝福するかのようにくしがきの里では鬼束ちひろの月光が流れていました(なぜ?)

 

ここから家へ帰ってツーリング終わり!

今回の走行距離などはこちら。

f:id:bongaitinyo:20190124202552j:image

 

楽しかったです!

みなさんもぜひ紀伊半島にきてくださいね!

 

では。