ボンガイチニョを目指す生活

いつでもノーテンキ。 390DUKEに乗って闊歩。

白崎海岸他ツーリングに行きました。

こんにちは。

ボンです。

 

2月も終わりましたが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

まだ気温が低く山に走りに行くのはむずかしそうですね。

ツーリングといえば山道なので(個人的な意見)、バイク乗り的にはやっぱりまだまだオフシーズンと言えるでしょう。

今年の龍神スカイラインの解禁日が3/25だったり、四国の山間の一部道路の解禁日が4月初めだったり、そのあたりからオンシーズンなのかな?

3月末から4月初めにかけてロングツーリングを計画中ですので、めちゃめちゃたのしみにしてます。

 

 

それはさておき、本格的な山道は走れなくてもツーリングはしたくなるのが乙女(バイク乗り男性23歳)心。

かといって大阪南部の自宅から山道を使わず北方に出て行こうとすると、都会部分を走らざるをえません。

街中走って何が楽しいんだよ!(過激派)が信条なので、街中は避けたい。

そんなとき神の啓示が降りました。

「山がダメなら海に行けばいいじゃない」と。

そうです。山がダメなら海に行けばいいのです。

何を迷うことがあったのでしょうか。

そんなわけで、n回目の和歌山ツーリングスタートです。

 

 

9時、お金をおろし給油して和歌山に向けて出発です。イクゾー!デンデンデデデデン(カーン)

 

前回の紀伊半島ほぼ一周ツーのときにも通りましたが、国道424号(それなりに酷道)を使います。

やっぱある程度の山道要素がないと頭おかしくなっちゃいますからね。

微妙に交通量多くて怖いですが、気をつけて走れば全然大丈夫。

 

スイスイ走って明恵ふるさと館という道の駅で休憩。

ここは焼きたてパンが有名(らしい)のですが、そんなことは無視してサンマ寿司を食べます。

f:id:bongaitinyo:20190228174101j:image

なぜかこの日は最高気温低く、めちゃめちゃ寒い。そして当然サンマ寿司も冷たい。はっきりいって地獄でした。良い子のみんなは寒い日には温かいものを食べようね(箴言)。

サンマ寿司自体は酢がきいてておいしかったです。

 

寒すぎて止まらないオルガと化したので、どんどん進みます。

次に来たのは白崎海岸!

f:id:bongaitinyo:20190228174716j:image

f:id:bongaitinyo:20190228174737j:image

海が青い。美しい。海はよい。

風は強く波は高い。これが大自然の厳しさ…ですかね(喜悦)。

マジで波が高くて普通に道路まで海水が打ち上げていました。バイクが錆びる…。

2枚目奥には道の駅白崎海洋公園があるのですが、台風でぶっ壊れたらしく封鎖していました。

Googleマポー大先生が教えてくれていたので僕は既知でしたが、BMW乗りの方が1人閉鎖された入り口で辛そうにしていましたね。それもまた醍醐味ですよ(上から目線)。

 

f:id:bongaitinyo:20190228175330j:image

故障したトイレの横でDUKEくんをパシャり。

やっぱ最高のバイクだなって(感慨)。

 

 

白崎海岸あたりはいい感じのワインディングもあるし、海は綺麗だし、いいことだらけでした。

 

時間もまだまだあるので南下しましょう。

f:id:bongaitinyo:20190228200752j:imageまた来ちゃった♡

 

前回の紀伊半島ほぼ一周ツーでも来たAIRの聖地煙樹ヶ浜です。

 

bongaitinyo.hatenablog.com

 (記事はこちら)

今回は晴れて海も青い。「あの海〜どこまでも〜青かった〜」と青空を思い出して涙が出ますよ、神。

 

煙樹ヶ浜から上の写真奥の山っぽいところに向かって進みます。

入り組んだ山道を進むと日ノ岬にでます。

f:id:bongaitinyo:20190228201121j:image
f:id:bongaitinyo:20190228201117j:image

海がでかい!世界はでかい!

日ノ岬は紀伊半島最西端(地味)なので、端っこずきライダーとしてはいっておきたいスポット。

雄大な海を臨むこの場所では心が癒される……のかと思いきや全然そんなことはありませんでした。

風があまりにも強い。

まっすぐ立っていることが困難なレベルです。

ケータイもしっかり握っておかないと危ないレベル。

気候条件がいいと最高でしょうねここ。

 

 この日ノ岬灯台の近くに若山牧水の歌碑がありました。

f:id:bongaitinyo:20190228230018j:image

若山牧水といえば「リトルバスターズ!」。

文学少女西園美魚さんの好きな「白鳥」の歌を詠んだのが若山牧水です(残念ながらこの歌碑は、「白鳥」の歌ではないですが)。

鍵っ子(死語)にうれしいものがたくさんある。それがKey(紀伊)半島です(超絶技巧激ウマギャグ)。

 

 

ここからは帰り道のいい感じの写真で適当にしめたいと思います。

f:id:bongaitinyo:20190228230036j:image

白崎海岸へ至る県道24号の小引トンネルを迂回する道路から海を臨む。

 

f:id:bongaitinyo:20190228230053j:image

f:id:bongaitinyo:20190228230117j:image

国道424号にある死ぬほど美しいヘヤピンカーブ。この高低差、曲率、舗装。美しい。

 

f:id:bongaitinyo:20190228230138j:image

高低差とDUKEくん。

 

ソロツーリングで時間に余裕があると、近場でもいろんな発見があって楽しかったです。

みなさんも紀伊半島きてね!

 

では。